脱毛すると脇汗が多くなる?

脇脱毛をしたら脇はきれいになったけれど、今度は以前よりも汗かきになったと感じている人は多いと思います。体にべったりとくっつく汗はとても気持ち悪いものです。

では本当に、脇脱毛をしたことが原因で脇汗が増えているのでしょうか?
脇脱毛をしたから汗腺が増えることはありえません。変わったことといえば、脇毛がなくなったことだけです。ではなぜ、汗が増えたと感じてしまうのでしょう。
脇に生えていることによって、脇毛がどんな役割を果たしているのでしょうか?

実は、無駄だと思われている脇毛にも生えている意味があるのです。脇に存在することで、腕を動かした時に擦れてしまうのを防いでいます。脇に存在することで、脇汗を分散させています。保温することで体温を保持する役割もあります。でも現代に生きる私たちにとって、脇毛は価値のないものです。

ムダ毛でしかありません。脇に存在していること自体に恥ずかしさを感じるからこそ、こぞって脱毛処理をしているのです。そして、この処理をすることによって、汗を分散することができず直接に垂れ流し状態になるので汗が増えたように感じてしまいます。

また腕を動かした時に、直に流れる汗に触れることによって、汗が多くなったと感じるのです。つまり、脱毛したから脇汗が多くなることはありません。しかし、あまりにも脇汗が多くなったと思っていると、本当に、脇汗が多くなることがあります。神経質になり汗が多くなったと思い込んだ結果、本当に多くなってしまうのです。気持ちに余裕をもってすごしましょう。

脇汗はどのようにして発生するの?

脇汗には健康的な脇汗と不健康な脇汗があります。健康的な脇汗とは、運動したときの身体体温の上昇でおこるもので、温熱性発汗といいます。そして、刺激物を摂取したときに噴き出す汗を、味覚性発汗といいます。これらの汗は健康的な汗といえます。それに対して、ストレスを感じたり、精神的プレッシャーを感じたりと興奮して交換神経を活発化して出る汗は、精神的発汗といい不健康な汗です。そして、脇脱毛をしたことによって汗が増えたと悩む汗は、後者の精神的発汗によるものがほとんどです。もともと汗かきの人は、汗をかかないように、知らずしらずのうちに無意識にプレッシャーをかけてしまうことによって、さらに汗をかいてしまう、なんてこともあります。そんな悪循環は避けたいものです。さらになんと、アポクリン腺から出てくる汗とは、神経との繋がりがあります。その為、ストレスを感じることにより汗を作りだしてしまうのです。その為、脇汗を治療するためにカウンセリングを行う病院があるほどです。ストレスを発散すれば、脇汗を抑える事ができるので、上手にストレスを解消したいものです。ストレス発散といえば、自分のすきな香りを嗅ぐ。それだけでも体に大きな影響を与えるができます。ストレスを感じるとはストレス脳になっているということなのです。好きな香りでリラックスできることは脳科学的にも実証されています。そのストレス脳をすきな香りでリラックスさせてストレスから解放してあげましょう。