妊娠しています

妊娠しているときでも脱毛エステに通いたい、お腹が出てきたから少しでも綺麗にしておきたいというのが女心です。現実に妊娠によって毛が薄くなった人もいれば、毛が濃くなったという人もいます。でも、それは一時的なものであって、出産後は元に戻ります。ですから妊娠中に脱毛エステに通う必要はありません。

脱毛エステは基本的に妊婦お断りです。毛が増えたり減ったりというのはホルモンが影響している部分も多く、男性ホルモンが多いと剛毛が生えてきたり、禿げやすくなっていたり、女性ホルモンが多いと産毛が多くなったり、禿げにくかったりします。妊娠中の場合は女性ホルモンがかなり関わってきます。脱毛もある程度女性ホルモンに影響を与えるそうです。まずはそんな理由がお断りの1つに挙げられます。

続いて脱毛の痛さが胎児と母体に与える影響。痛さを緩和しているエステと言ってもやはり脱毛は多少痛いのです。それを我慢する事によるストレスから胎児と母体に何らかの影響が出てしまうのではないか、そうでなくても吐き気やめまいが起こりやすい時期です。寝返り1つうつのも大仕事なのです。VラインやOラインが胎児に近くて影響を及ぼすからという理由ではなく、吐き気やめまいを起こしたときに、対応できる医師や看護婦がいないというのが最たる理由のようです。

脱毛エステは6回〜12回を2〜3ヶ月に1回通うことになるので、その間に妊娠の可能性があるのか、そういうことも考えて計画的に契約をする事をお勧めします。

女性器疾患があります

脱毛というのは女性ホルモンに影響があります。"ピルをのんでいます"という項目でも書きましたが、脱毛が女性ホルモンに影響があるが故に事前カウンセリングでお断りされてしまう事があるのです。

女性の薄毛の原因(女性型脱毛)の主なものは男性ホルモンと遺伝と年齢が大きく関わっています。毛の成長サイクル(毛周期)の成長期が短くなって、休止期が長くなるために起こる現象です。女性にも男性ホルモンがあるのでこのような減少がおきますが、脱毛エステで脱毛するということはこの現象を意図的に行うことになります。ムダ毛とはいいながらも体の大事なところを守ろうとするために生えている毛、女性ホルモンにも影響はありそうです。

女性ホルモンとはエストロゲン(卵巣ホルモン)とゲスターゲン(黄体ホルモン)の2種類があり、特に女性特有の体つきや性的影響が大きいのはエストロゲンです。女性器疾患があるということは、何らかの形でこのエストロゲンやゲスターゲンに疾患があるとも言えるのです。そこに、男性ホルモンと女性ホルモンに影響のある脱毛を行うということは、体の中で男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れてしまう可能性があり、それにより起こりうる何らかのトラブルを避けるためお断りされてしまうようです。ちなみに、この何らかのトラブルというのははっきりしていません。ただ、なにかが起きても、責任を取りかねますということらしいです。

こちらもピルを処方してもらうのと同様、検査や通院の際に主治医に確認をとってOKをもらっておくのがお勧めです。